1bc78266.jpg

このコは捨て猫でした。近所の方の助けにより飼うことになりました。
縁と感じたその日・・・のお話しです星
出会う1年程前から私は白・黒の猫を飼いたいと思っていました。
と、いうのも以前飼っていた猫が去年不幸に亡くなり、そのコが白・黒の猫でした。
でも自分の中でなかなか新しいコを飼う事に迷いが有り、ずっと飼えずにいました。
ある11月の晩、その日は夜はお店を空けており丁度戻ると、そこには子猫を抱えた少年と少年の母親がお店の辺りにいました
お店に入ろうとした時に、そのご家族から、このコの里親さんを探して歩いていたと聞きました。私は、すぐ飼う事を決め動物病院へ連れて行きました。
最初はフラフラとですが少し歩いていました。
のち、徐々に歩くことが出来なくなり
(脳性まひ)という事実を知りました。
今では歩くことは出来ず、ご飯・おトイレ・お水は自分で出来ません。
ないて私達に知らせてくれるのです。
サンボに出会い、今更ですが私達は地面に足をついて歩くこと、いつも健康でいられる事に改めて感謝しました。
サンボは(脳性まひ)が有りながら、他は至って元気ですまる
そして、いつも私達にパワーをくれます力こぶ